column

書道のロゴデザインをオーダーメイドで制作

書道を通して身につけたい「美文字」

パソコンやスマートフォンが普及した現代では、紙に直接文字を書く機会が昔と比べて少なくなったように感じます。そのため、文字を書いた時に字が汚く、恥ずかしい思いをしてしまったことがある方もいらっしゃるのではないでしょうか?自信が持てる綺麗な文字を書きたいなら、書道を始めましょう。

直筆の文字を求められる場面

就職や転職する時に必要なのが履歴書です。最近では、パソコンで入力する履歴書もあるようですが、文字からはその人の人間性も伺いしれるため、直筆の履歴書を求める企業が少なくありません。もちろん、字が綺麗なだけで採用、不採用が決まる訳ではありませんが、少しでも採用される確率が高くなることは確かです。仕事では、宛名書きなどを手書きすることがありますので、字が綺麗であれば安心して任せられます。他にも、プライベートでは冠婚葬祭の記帳などで直筆の文字を求められることがありますので、「美文字」を身につけておくことは大切です。

「美文字」で変えられる周りの印象

ビジネスシーンでは、伝言メモなどちょっとしたことはパソコンを使わずに手書きすることがあると思います。他の人から渡された伝言メモの字が汚かったらどう思うでしょうか?もし読み取ることが難しいほど汚ければ、間違って伝わったり、確認しなければならなかったりと業務にも影響を与えてしまう可能性があります。逆に綺麗で丁寧に書かれていれば、伝言もスムーズに行えます。年賀状でも綺麗に直筆されたものを貰えば誰でも嬉しいと感じますので、「美文字」を身に付けることができれば、印象を良くすることにも繋がります。

書道で身につけられる「美文字」

子どもと違い大人の方は、字の書き方に変な癖がついている場合があります。癖がついたまま練習しても、綺麗な字を書くことは難しくなってしまいます。しっかり指導を受けることにより、自己流でついてしまった癖を強制し、綺麗な字が書けるようになります。

当会では、書道スクールの開催やロゴデザイン、インテリアデザインの制作を行っております。看板や表札、広告など環境や雰囲気に合ったデザインをオーダーメイドでお作りいたしますので、是非お気軽にご相談ください。