column

筆文字ロゴをブランドや店舗、商品パッケージに合わせて制作

筆文字ロゴが与える印象

グローバル社会となった現代では、街中で英語やカタカナの看板を見かけることが多くなりました。しかし、そんな中でも日本人である私たちが心惹かれる看板と言えば、筆文字で書かれた看板ではないでしょうか?看板には見た人を惹きつけ、記憶に残すという役割があります。筆文字の印象は、そんな看板にマッチした書体だと言えます。

温かく誠実なイメージが与えられる

現代ではパソコンを使うことで、簡単に整った綺麗な字を使うことができます。誰にでも読みやすく、整っていますが、どこか機械的で冷たいイメージがあるのではないでしょうか?工場で機械的に作られた物よりも、ハンドメイドで作られた物に温かみを感じるように、文字にも同じことが言えます。手書きされた文字は筆の強弱により同じものがなく、人間らしさが垣間見えます。また、勢いや流れによって躍動感を出すこともでき、無機質な文字と違いお店の特徴などを表現することが可能です。

筆文字のロゴが活躍する場面

達筆な筆文字は、高級和食店などのイメージが強いですが、昨今では和食を出す大衆居酒屋などでも見られるようになりました。店舗名のロゴだけでなく、メニューにも筆文字が使用されていることが少なくありません。筆文字で書かれたロゴやメニューは、店舗や商品に良いイメージを持たせ、購買意欲を沸き立たせることができます。また、日本の伝統である書道を彷彿とさせる筆文字は、親近感を与えると同時に安心感をもたらすこともできます。

外国人観光客の集客にも役立つ

外国人観光客が増えたことにより、こうした客層を取り込むために英語のメニューや案内表示などの工夫を行なっている店舗が増えてきています。確かに、英語による案内があることで利用しやすくなりますが、日本の雰囲気や伝統を楽しみに来た外国人を惹きよせるのは、筆文字ではないでしょうか。和食店なら、筆文字だけでなく従業員が和服を着ていたり、内装を和風に統一したりすることで、外国人の方はより魅力を感じてくれます。

筆文字によるロゴ制作のことでしたら、是非当会をご利用ください。当会では、書道の文字の本質を活かしたロゴデザイン制作を行っております。ブランドロゴデザインやパッケージの制作なども行っておりますので、お気軽にご相談いただけます。会社ロゴや商品ロゴなどでお困りの方は、是非ご相談ください。